金属パッチテストを行っています

当院では、金属に対するアレルギーテストを行っております。(健康保険適用)
貴金属製、歯科金属などにはいろいろな種類の金属が含まれ、長年装用している間に、からだにアレルギー反応が起こることがあります。このような場合には、アレルギーの原因となる金属を推定、除去することで、皮膚疾患が治癒あるいは軽快することがあります。
金属パッチテストは背部の皮膚表面に金属を含んだ試薬を貼付することにより、アレルギー反応を起こすかどうかを調べる方法です。

当院で行える金属の種類はアルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金、パラジウム、マンガン、インジウム、
イリジウム、銀、クロム酸カリウム、ニッケル、亜鉛、金、銅の15種類です。

検査方法とスケジュール

検査方法

15種類の金属試薬を紙に染み込ませて背中に貼付します。

検査当日と翌日は背中を濡らすことはできません。入浴はできませんが、下半身のシャワー浴は可能です。発汗するような運動は控えていただきます。

1回判定(開始より2日後)
来院後にテープを除去し、30分後に最初の判定を行います。
※この日のテープ除去後から入浴は可能となります。

2回判定(開始より2日後)、第3回判定(開始より7日後)
2回目、3回目の判定を行います。

検査スケジュール

当院では月曜日と土曜日にパッチテストを施行しています。

受診日が月曜日または土曜日であれば当日にパッチテストを実施できます。
) 月曜日パッチテスト施行

⇒第1回判定が水曜日 第2回判定が木曜日 第3回判定が月曜日
) 土曜日パッチテスト施行

⇒第1回判定が月曜日 第2回判定が火曜日 第3回判定が土曜日

※判定日が祝日の場合は施行できません。

注意点

テスト中は第1回判定(2日後)が終わるまで入浴できません。検査当日に入浴、洗髪をされて来院されることをお勧めします。 テスト部位が濡れないよう、蒸れないよう下半身のシャワー浴は可能です。また、テストテープが剥がれないようにするため、発汗をするような運動などは行わないでください(夏場の検査はやや困難です)。

医師が治療上必要と認めていない場合(金属アレルギーの症状がない場合、興味があるので調べたいという場合など)は、保険適応外となります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事