20191201-IPLl-eyecatch

当院は顔の肌質改善や、シミやあから顔の治療を目的に、IPL光線治療器セレックVを導入しました。なお、本機は市内初導入です。

まとめ

・波長を変えてレーザーの良いところ取り
肌質改善で若々しい素肌へ。
シミにもニキビにもあから顔にもたるみにも。
・強力な冷却機能で痛みを軽減。
ダウンタイム無し。その日からお化粧可能。

対象者

このような方におすすめです

・赤ら顔
・赤ニキビ
・にきび
・しみ、そばかす
・くすみ

光治療とは

光治療とは有害な紫外線をカットし幅広い波長を持つ、カメラのフラッシュのようなマイルドでやさしい光を使って様々なお肌の悩みを改善に導く治療法です。

毛細血管拡張症(赤ら顔)、にきびやしみなど、お肌のトラブルの原因となっているものに対し、最適化された光が反応することでお肌の若返りを促します。

光により発生した熱が肌を刺激し、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞の働きを活性化させることで、お肌のキメやハリと言った効果も期待できます。

痛みが少ない治療方法ですので、美容皮膚科の治療は初めて、という方でも安心して施術が受けられます。

1回の治療でもお肌のハリ・ツヤの改善や、お化粧のノリが良くなるなどの効果が感じられることが多いですが、継続して行うことでより効果を発揮します。日頃の美肌づくりに適したスキンケア治療と言えるでしょう。

セレックVとは

セレックVは、施術中の痛みやダウンタイムがほとんどなく、マイルドな光による刺激で肌質を改善するIPL光治療器です。

そばかす、くすみ、しみ、にきびなどのお悩みを解決して透明感溢れる肌へと導きます。

赤にきびや、毛細血管拡張症(赤ら顔)の治療にもおすすめしています。

セレックVの特徴

9種類の波長で様々な症状を改善

セレックVは、1台で420nm700nmまでの9種類の波長が選べるので、あらゆるお肌のお悩みに対応することが可能です。

表皮を守る独自のクーリングテクノロジー「ATC™ 」を搭載

セレックVは、ATC™ (Automatic Temperature Controller)というテクノロジーを搭載しています。

これは独自のリアルタイム表皮温度モニターシステムで、お肌にあたる面の温度を-10℃~常温までセットすることができ、ライトガイドの温度が設定温度を超えると照射できなくなります。

光治療マシンのデメリット、火傷のリスクから守ることができる安全で画期的なマシンです。

 施術について

施術時間

30分ほどで終了します。

麻酔

痛みはほとんどありませんので、特に麻酔は必要ありません。痛みが心配な方は麻酔クリームを塗布します。(別途¥1,000(税別))

腫れ・傷跡

腫れや傷跡はありません。直後は赤みが多少出ることがありますがすぐに引いていきます。

通院ペース

24週間空けていただくと次回の照射が可能です。はじめの5回はできるだけ間隔を空けずに照射することをおすすめいたします。

メイク

終了後から可能。

洗顔・シャワー・入浴

当日より可能。

備考

まれに湿疹が出る場合がございます。熱がこもってしまうのが原因ですが、しばらくしたら引いていきます。その場合は外用薬を湿疹が引くまで塗布して下さい(ご心配な方はお電話にてお問い合わせください)。

照射後は乾燥するので、しっかりと保湿をしてください。

料金(税別)

診察料

・初診料 (3000円) あるいは 再診料 (1000円)

診察が必要

セレックVによる施術には必ず診察が必要です。下記のような判断を毎回行うためです。

(例)
・肌の悩みについて、セレックVによる施術がそもそも解決策として適切か?
・治療効果があがっているか?

全顔(肌質改善) 初回 13000
全顔(肌質改善) 2回目以降 18000
全顔(肌質改善) 3回コース 45000円 5回コース 65000

顔 (オプション追加)

肝斑 +6000
しみ、そばかす、にきび (4×1cmにつき)+2000
赤ら顔 +3000
たるみ +5000

※ 上記はオプションで追加するものです。全顔(肌質改善)コースとともに行うものであり、単独での施術はできません。

顔以外のしみ (1照射=4×1cm

1照射    3000
2照射    5000
3照射    6000
4照射 7000

クレジットカードも御利用頂けます
・American Express
・VISA
・MasterCard
・JCB

美容・アンチエイジングに関する記事一覧
eyecatch-美容-CTA-20190611

当ページの美容に関する記事一覧は以下のリンクから見られます

[例]

・多汗症に対するボトックス治療やシワに対するヒアルロン酸治療など、施術に関する項目
・クリニック専売スキンケア商品・化粧品の販売
・まつげ美容液の処方など、もっぱら美容を目的とする医療行為のうち、医師の処方箋が必要なもの

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事