まとめ

当院では汗が多くてお困りの方(多汗症の方)に対して、塩化アルミニウムローションの処方やボトックス局注療法による治療を行っています。

科学的根拠 (エビデンス)

原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 - 日本皮膚科学会

上記を参照、実践しています。
詳細は、本ページ下部に記載します。

治療の第1選択である塩化アルミニウムローションについて

多汗症治療について、てのひらや足の裏、わきのしたなど体の一部に汗が増える局所多汗症の治療は、第一選択として塩化アルミニウムの外用が有効といわれています。

塩化アルミニウムは、汗腺(汗の出る孔)をふさいで汗を抑える効果があります。
使用を続けることで汗の分泌自体を抑えるともいわれており、継続的な外用が重要です。
殺菌効果もあり、わきがにも効果があることがあります。 当院では、塩化アルミニウムローションの処方を行っております。(保険外診療)

また、腋窩多汗症については、A型ボツリヌス菌毒素製剤の局所注射療法(保険診療)も行っております。 多汗でお悩みの方はご相談ください。

料金表

全て 8% の税込み価格です。

なお、保険診療で当院へかかりつけの方や、特定健診・インフルエンザワクチン接種等でいらっしゃったことがある方は、既にカルテを作成済みですので、再診として扱います

塩化アルミニウムローション
(50mL)
10% 自由診療初診料 ¥3,240

あるいは

自由診療再診料 ¥1,080

¥760
20% ¥980
40% ¥1080

上記及び下記の如く、多汗症について多くの場合、第1選択の治療は「塩化アルミニウムの外用」です。
しかしながら、現在のところ、保険適用のある薬剤が国内で販売されていません。
このため、保険外診療 (= 自由診療) となります。

塩化アルミニウムは現在,保険診療に適用のある外用薬がなく院内製剤として一般的に処方されている.

原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 - 日本皮膚科学会

多汗症とは

多汗症とは、発汗が増加している (= 汗が多くなっている) 状態であり、以下の様に分類されます。

・原発性多汗症
・続発性多汗症

原発性多汗症

皮膚科で対応

原発性多汗症は、明らかな原因が存在しないにも関わらず、汗が多くなっている状態です。ほとんどの方はこちらに該当します。

このページで御案内する治療も原発性多汗症を対象としています。

続発性多汗症

内科で対応

続発性多汗症は、何か別の病気があってそれが原因で汗が多くなっていたり、内服している薬剤が原因で汗が多くなっていたりする状態です。

前者の例としては、甲状腺機能亢進症・糖尿病・悪性リンパ腫が、後者の例としてはアルツハイマー型認知症の薬が挙げられます。

原因となる病気の治療や、薬剤の見直しで対応します。

何か別の病気が原因で汗が多くなっているのなら、まずはその病気を治療します!

原発性多汗症の治療

どこに汗が多いかによって、推奨される治療の順序が少しだけ変わってきます。また、外用の際に塗る薬剤の濃度が変わってきます。詳しくみていきます。

原発性腋窩多汗症 : 脇の下に汗が多い
原発性手掌多汗症 : 手のひらに汗が多い
原発性足底多汗症 : 足の裏に汗が多い
原発性頭部顔面多汗症 : 顔や頭に汗が多い

原発性腋窩多汗症 : 脇の下に汗が多い

第1選択 : 10-35%塩化アルミニウム 外用

当院で可能

脇の下に汗が多い方については、塗り薬外用 (10-35%塩化アルミニウム) が第1選択となります。

第2選択 : ボトックス局注療法

当院で可能

第1選択で効果が不十分だったりする場合は、ボトックス局注療法を考慮します。

原発性腋窩多汗症における診療アルゴリズム

原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 - 日本皮膚科学会

原発性手掌多汗症 : 手のひらに汗が多い

第1選択 : 20-50%塩化アルミニウム 外用 / イオントフォレーシス

当院で可能
手のひらに汗が多い方については、塗り薬外用 (20-50%塩化アルミニウム) が第1選択となります。

当院対象外
(このほかに、手を水道水につけて微弱な電流を流す、イオントフォレーシスという治療も第1選択ですが、塩化アルミニウム外用の方が簡便に行える治療ですので、当院では行っておりません。)

第2選択 : ボトックス局注療法

当院対象外

第1選択で効果が不十分だったりする場合は、ボトックス局注療法を考慮します。

原発性手掌多汗症における診療アルゴリズム

原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 - 日本皮膚科学会

原発性足底多汗症 : 足の裏に汗が多い

第1選択 : 20-50%塩化アルミニウム 外用 / イオントフォレーシス

当院で可能
足の裏に汗が多い方については、塗り薬外用 (20-50%塩化アルミニウム) が第1選択となります。

当院対象外
(このほかに、同部を水道水につけて微弱な電流を流す、イオントフォレーシスという治療も第1選択ですが、塩化アルミニウム外用の方が簡便に行える治療ですので、当院では行っておりません。)

第2選択 : ボトックス局注療法

当院対象外

第1選択で効果が不十分だったりする場合は、ボトックス局注療法を考慮します。

原発性足底多汗症における診療アルゴリズム

原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 - 日本皮膚科学会

原発性頭部顔面多汗症 : 顔や頭に汗が多い

第1選択 : 10-20%塩化アルミニウム 外用 / 内服療法

当院で可能
顔や頭に汗が多い方については、塗り薬外用 (20-50%塩化アルミニウム) が第1選択となります。

当院対象外
(このほかに、内服治療として抗コリン薬が第1選択ですが、塩化アルミニウム外用の方が簡便に行える治療ですので、当院では行っておりません。)

第2選択 : ボトックス局注療法

当院対象外

第1選択で効果が不十分だったりする場合は、ボトックス局注療法を考慮します。

原発性頭部顔面多汗症における診療アルゴリズム

原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 - 日本皮膚科学会
美容に関する記事一覧
eyecatch-美容-CTA-20190611

当ページの美容に関する記事一覧は以下のリンクから見られます

[例]

・多汗症に対するボトックス治療やシワに対するヒアルロン酸治療など、施術に関する項目
・クリニック専売スキンケア商品・化粧品の販売
・まつげ美容液の処方など、もっぱら美容を目的とする医療行為のうち、医師の処方箋が必要なもの

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事