blog-influenza-machine

当院では従来型の目視に頼ったインフルエンザウイルス抗原検査キットに加え、写真に示す検査キットを導入しました。

このキットを用いる場合、検査カートリッジ内部で信号を増幅してウイルス抗原の有無を自動判定するため、

・発症初期の少ないウイルス量の時でも高感度にインフルエンザウイルス感染を検出
・鼻をかんだ液を利用してインフルエンザウイルス感染を検出
・8分で判定

といったことが可能になりました。

従って、従来行われていた「発症から6時間以内ではインフルエンザウイルス感染でも検査キットが検出しにくいので、受診を控えて」といった対応が不要となっています。早めの受診が可能となっていますので、是非ご利用下さい。


※ 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号) の趣旨により、本医療機器を一般向けに広告するのは不適切と考えられます。本稿が本医療機器の広告であると誤解されることを防ぐため、医療機器の販売会社が同定されないように添付画像を加工しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事