• overview-dementia-mci-image 医学
    認知症・軽度認知障害に関する投稿をまとめて固定ページに記載
    2018-02-07
  • why-classify-dementia-image 医学
    認知症の病型分類が必要な理由
    2018-02-07
  • rule-out-treatable-dementia-image 医学
    認知症外来 (もの忘れ外来) では、完治しうる認知症を見逃さない
    2018-02-07
  • 20180207-treating-mci-image 医学
    軽度認知障害 (MCI) の間にできること
    2018-02-07
  • 20180218-ad-symposium 医学
    アルツハイマー型認知症の勉強会に出席
    2018-02-19
  • memory-impairment-dementia-image 医学
    認知症 ≠ もの忘れ. 実際のところ、認知症の診断基準とは
    2018-02-07
  • blog-eyecatch-design-change-201802 Web
    サイトデザインを大幅に変更
    2018-02-07
参考: 過去の求人情報 (看護職員, オープニングスタッフ, 2017年 10月〜12月)

[下記は過去の求人情報です。参考として掲載しています。]

※ 2017年10月から12月にかけて、オープニングスタッフとしての看護職員3名を募集したときのものです。
給与・待遇等については現役職員がいることから削除しています。

現在の募集状況は次のページです。
固定ページ: 求人情報


看護師・准看護師 募集

新規開業のため、スタッフを募集します。
育児中の方は、お子さんの急な発熱など不測の事態も起こりうるかと思われます。そのような場合に、休んだり早退したりできるように対応します。

一緒に新しいクリニックを作っていけることを願っています。

想定される業務内容については末尾に記載しています。

正規(フルタイム)職員 (看護師・准看護師)

* 給与・待遇等: ハローワーク記載項目と同一記事が存在した

非正規(パート)職員 (看護師・准看護師)

* 給与・待遇等: ハローワーク記載項目と同一記事が存在した


内科・脳神経内科としては、下記の業務が想定されます。
・採血
・点滴
・被検者の X線・CT室への誘導. コンピューター操作で患者情報を登録. ( 所要時間1時間程度の研修を行います。)
・心理テスト(長谷川式簡易認知症スクリーニング, MMSE 等) ( 所要時間30分程度の研修を行います。)

皮膚科については処置の介助が業務として想定されます。
業務を行いながら覚えていって頂けたら結構です。
(副院長は複数の総合病院で非常勤医師として皮膚科診療を行ってきており、業務を教えながら診療するという状況に慣れています。)

高度先進医療を行うクリニックではありません。地域密着型のクリニックを目指しています。
最も期待するのは患者さんとのコミュニケーション能力です。
・仕事の手が空いたときに診療に立ち会って患者や家族の顔を覚える。
・診療が終わった後に「先生の話はわかった?」「薬は余っていない?」と声をかける。
など気配りを頂ける方大歓迎です。

関連キーワード
  • 20180217-meeting-2
    看護職員の制服検討会 (第1回)
  • 20180120-parfait
    院長、再びコメダ珈琲へ
  • コメダ珈琲 グラタン eyecatch 画像
    院長、コメダ珈琲に行く!
  • ヘッダー背景画像4
    固定ページ「求人情報」を更新
  • job-offer-201712
    参考: 過去の求人情報 (看護職員, オープニングスタッフ, 2017年 10月〜12月)
  • 地鎮祭 イスあり eyecatch
    起工式 (地鎮祭)
おすすめの記事
トップページのスライドを変更
Web
年明けにあわせて、トップページのスライドを更新した。 (1) iOS デバイスでスライド上に吹き出しがでない (ただし、これは仕様である) ...
医療事務職員の求人情報
クリニックからのお知らせ
医療事務職員については、本年2月下旬、あるいは3月より募集をさせて頂きたいと思います。 本サイト内の求人情報ページや、ハローワーク情報を閲覧...
breadcrumbs 表示域を縮小した。
Web
breadcrumbs, いわゆる パンくずリスト 表示域がスマホ上で大きすぎる、PC上でさえも大きすぎる、と感じられたので改善した。 表示...
認知症の病型分類が必要な理由
医学
認知症を下記のように分類するのは、どれに該当するかによって治療法が異なるため。 ・アルツハイマー型認知症 ・レビー小体型認知症 ・脳血管性認...