本投稿の目的

前投稿において、Ubuntu がインストールされたコンピューターに ORCA サーバーをインストールしました。

次に、このコンピューターに ORCA クライアントをインストール、起動し動作確認を行います。

orca-client-on-ubuntu-1

実環境では、上記のようにサーバーコンピューターとクライアントコンピューターは分かれています。

orca-client-on-ubuntu-2

今回は、この図のように、サーバーコンピューター内にクライアントプログラムもインストールして、動作確認しようとしています。

基本的には日本医師会ORCA管理機構の記載
日医標準レセプトソフト for Ubuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)のインストール
の後半部分に従います。

記事執筆時点で、クリニックのオープニングスタッフのために練習用の ORCA サーバー / クライアント を作成する必要が生じましたので、実際のインストール時のスクリーンショットを交えながら説明します。

前提

ORCA/OpenDolphin システムの全体像をなんとなくで良いから把握している。

Ubuntu 16.04 LTS がインストールされたコンピューターが存在する。

Ubuntu 16.04 LTS がインストールされたコンピューター上で、ORCA サーバーが構築され、動作している。

Ubuntu にて terminal を起動

まずは、Ubuntu にログインします。

orca-install-01
画面左上の「コンピューターを検索」をクリックすると上記画面が出現します。
orca-install-02
ここで、検索画面に terminal と入力すると「端末」というアイコンが現れます。これをクリックします。
orca-install-03
上記のような画面が出現したら、アプリケーション「端末」の起動に成功しています。
orca-install-04
アプリケーション「端末」は高頻度に使いますので、右クリックして、Launcher に登録しておきます。

端末にて ORCA クライアント のインストール作業

以後、起動した「端末」内でコマンドを入力することで、インストール作業を行っていきます。
基本的にはコピーペーストで大丈夫です。本ページを Ubuntu のブラウザで開いて行うと容易であると考えます。
ちなみに、
ブラウザから文字列をコピーするショートカットは 「Ctrl + C」
端末内に文字列をペーストするショートカットは 「Ctrl + Shift + V」
です。
今回は、
コピーペーストで ORCA クライアントを導入すること
を目標としています。
従って、各コマンドが何を意味しているのかは解説をしません。
各コマンドの意味を理解したい場合は、日本医師会ORCA管理機構の記載日医標準レセプトソフト for Ubuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)のインストールを御参照下さい。

command

sudo apt-get install -y panda-client2

※ 現在ログイン中のユーザーのパスワード (= root パスワード) を尋ねられるので、入力して Enter

環境によってはエラーメッセージが返ってくるようです。この場合は、以下を入力してyes を 2回選択します。

sudo apt-get install panda-client2

以上で、 Ubuntu / ORCA サーバーが動作するコンピューターに ORCA クライアントをインストールするまでの操作は終了です。

ここで、いったん Ubuntu を再起動しておいて下さい。

sudo shutdown -r now

再起動後は、ORCA サーバープログラムが自動起動していないはずですので、明示的に起動します。

sudo service jma-receipt start

※ 別に起動している状態で上記コマンドを打っても、二重起動されたりはしませんので、心配要りません。


ORCA クライアントの起動と動作確認

ORCA クライアント on Ubuntu の起動

Ubuntu における ORCA クライアントは glclient2 というアプリケーションです。

orca-client-on-ubuntu-A1

画面左上の「コンピューターを検索」から、glclient2 を入力すると、アプリケーションを選択できます。

orca-client-on-ubuntu-A2

初回起動時は上記画面が現れるはずです。一応下記となっていることを確認します。

サーバ: http://localhost:8000/rpc/
ユーザ名: ormaster

パスワード欄には、ORCA サーバーインストールの際に設定した ORCA ユーザー 「ormaster」のパスワードを入力します。

orca-client-on-ubuntu-A3

そのまま「接続」を押すと上記画面が得られます。これはまさに、「Ubuntu にインストールされた ORCA クライアントプログラムから、同じコンピューターの ORCA サーバープログラムに正しくアクセスできた」状態です。

単に「レセコンが欲しい」と言う人はここで終了

この投稿までで、

(1) コンピューターに Ubuntu をインストールし

(2) Ubuntu がインストールされたコンピューターに ORCA サーバーをインストールし (= レセコン化)

(3) 同じコンピューターに ORCA クライアントをインストールして動作確認 (本記事)

しました。

この1台のコンピューターで、患者登録から医療行為の入力、レセプトの送信までできますので、単に「レセコンが欲しい」と考えている人はこれで完成ということになります。(医療機関名や診療科、保健医の名称など細かい設定項目は残っていますが)

この場合は、これ以降の記事は不要と思われます。おつかれさまでした。

今後の電子カルテ・レセコンに関する記事の予定

今後の記事では、以下を説明したいと思います。

・Ubuntu をインストールしたコンピューターの IP アドレスの固定

・Ubuntu / ORCA サーバーをインストールしたコンピューターへの OpenDolphin サーバープログラムのインストール
・Windows が動作するコンピューターへの ORCA クライアントプログラムのインストール
・Windows が動作するコンピューターへの OpenDolphin クライアントプログラムのインストール
・Mac が動作するコンピューターへの ORCA クライアントプログラムのインストール
・Mac が動作するコンピューターへの OpenDolphin クライアントプログラムのインストール
・ORCA ↔ OpenDolphin 間の連携の設定
・ORCA / OpenDolphin サーバーの 起動・終了コマンドの確認 及び ・Ubuntu 再起動時に、ORCA / OpenDolphin サーバーが自動起動する設定

・ORCA / OpenDolphin データベースのバックアップ・暗号化
・ORCA / OpenDolphin データベースのバックアップ・暗号化・クラウドへのアップロードがバックグラウンドで定期的に(自動的に)行われる設定
・現在動作中の ORCA / OpenDolphin サーバーのデータを、バックアップされた ORCA / OpenDolphin データで置き換える (復旧 = リストア) する方法

 

レセコン・電子カルテシステム自作についての記事一覧
CTA-DIY-chart-receipt

当サイト内の

レセコン (ORCA)
電子カルテ (OpenDolphin)

自作についての記事一覧は

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事